つっぱり肌の保湿とは

肌がつっぱるのは保湿が足りない

保湿減で肌がつっぱる

特に、お風呂上がりなどの場合にお肌がつっぱってしまうという悩みを抱えている女性の方は多いと思います。お風呂からあがってしばらくの間、つっぱり感がどうしても取れないことで、保湿で潤い肌を目指したい方の場合には特に悩んでいるという方も多いことでしょう。

お風呂上がりにお肌がつっぱってしまう大きな原因は、お肌の内部の水分が蒸発してしまうという部分にあります。お肌の表面にある角質層のさらに下側には、細胞間脂質という部分があり、この部分に水分が潤沢に含まれていることで、お肌はうるおいを保つことができているのです。

しかし、お風呂に入った場合には、この部分の水分が急速に失われ、水で濡れているため見た目には分かりにくいのですが、お肌の内部は乾燥している状態になってしまいます。お肌が内部から乾燥することで、一時的に乾燥肌の状態となってしまうのが、つっぱりの大きな原因のひとつなのです。

また、お肌がつっぱってしまう大きな原因は、水分がなくなってしまうこと以外にも挙げられます。お肌の内部に「天然保湿成分」と呼ばれる成分がなくなってしまうことも、お肌のつっぱりの大きな原因のひとつなのです。

お肌に含まれている天然保湿成分とは、「NMF」と呼ばれるものです。NMFは前述した細胞間脂質のさらに奥に位置しており、内部からお肌にハリとうるおいを与えるものとなっています。

さらに、お肌の上部には皮脂膜と油分のフタの二重のバリアが張られており、これらが正常に機能することでNMFと合わせてお肌のうるおいは保たれ続けているのです。

しかしながら、お風呂に入っていることでこれらの天然保湿成分や二重のバリアがお肌からはがされてしまい、お肌にはうるおいをつかさどる部分がなくなってしまいます。そのために、お風呂から上がった後にはより強いお肌のつっぱり感を覚えてしまうことになるのです。つっぱり感をなくしていくためには、これらの保湿において重要となる成分を補給することが重要になります。